top of page

漢字を書く機会、減っていませんか?

最近、日常生活の中で漢字を書く機会が減ってきていると感じませんか?


電子機器の普及により、漢字入力もデジタル化されることが多くなっていますね。いざ漢字を手書きしようと思っても「あれっ」っていう場面が増えてきたのではないでしょうか。


そんな皆さんにおススメがあります。漢検を受けてみることです!!


学び盛りのお子さんにとっても、大人の皆さんにとっても取り組む価値は大いにあります。そこで、漢検を受験するメリットを挙げてみようと思います。


漢検とは?

漢検(=日本漢字能力検定  公式HP)は、日本で漢字の読み書き能力を評価するための資格試験のことです。10級から始まり、5級で小学6年生修了程度、また、3級で中学校修了程度となります。加古川優考塾の生徒はそれらを目安に取得することを推奨しています。


以下サンプル問題です。



漢検を受験するメリット

①学習意欲が高められる

漢検に申し込んで試験日を設定することで、その日に向けて学習しようとするきっかけをつくることができます。合格に向けて参考書や過去問題を開く原動力になるでしょう。また、実際に合格すると自信がつき、さらに上の級に挑戦する意欲にもつながります。


②多世代での会話ツールになる

漢字は年代を問わず、常に身近な存在です。家族や友人同士での会話の共通の話題となることがあります。漢検の勉強や受験の経験を通じて、共感し合い、交流を深めるきっかけにもなります。


③高校受験などで自己PRになる

漢検を取得することで高校受験や就職活動で直接有利になるかどうかは、受験制度によるところはありますが、受験スタイルによって自己PRできる可能性があります。例えば、入学願書での記入や面接で学習意欲を伝えることで評価をいただけることがあります。



漢検を受験することは、年代を問わず日常生活において様々なメリットがあります。漢字の読み書き能力の向上や語彙力の拡大、脳の活性化など学習意欲の向上に貢献します。何か学ぼうと思っている方は、一度漢検を受験してみてはいかがでしょうか。




閲覧数:9回0件のコメント

Comments


記事: Blog2_Post
bottom of page