top of page

中学生が歴史人物の名前を覚えるためにできる工夫

テストのことを考えると、どうしても苦戦するものの1つに「暗記」があり、その中でもあまり馴染みのない歴史人物はなかなかスムーズにいかないことも多いです。「テスト勉強」として取り組むことも大切ですが、日頃の学習で、または楽しみながら覚える方法はないでしょうか?


効果的に覚えるためには、単なる暗記だけでなく、興味を引き、理解を深める工夫が重要です。以下に、そのためのアプローチをいくつか列挙します。


1. 物語を活用する

歴史の出来事や人物を物語として捉え、生き生きとしたエピソードを交えることで、単なる名前ではなく、その背後にあるストーリーを覚えやすくなります。例えば、戦国時代の武将であれば、彼らの戦略や人間関係をストーリーに組み込んで語ると良いでしょう。


そういった意味では歴史小説を読むことで名前や土地名、関係性などを学んだり、身近に感じることもできます。そして、国語における読解力なども身につくこともあり、一石二鳥、三鳥になるかもしれませんね。


ちなみに、漫画もけっこう効果的です。多くの歴史漫画が出ていますので、気軽に手にとってみてはいかがでしょうか?


2. キーワードの活用

各歴史人物に関連するキーワードやキャッチフレーズを考え、それを覚えやすい形で整理すると効果的です。例えば、織田信長なら「織田はん、信じて長く続く」といった覚えやすいフレーズでキーワードを連想させることができます。


3. 視覚的な手段を活かす

イラストやポスター、カルタなどを用いて歴史人物の顔や特徴を視覚的に覚えやすくしましょう。また、歴史の時代背景や服装も合わせて描くことで、よりリアルなイメージができます。


4. 歌やリズムを取り入れる

リズミカルな歌や言い回しを使って歴史人物の名前を覚えさせると、楽しみながら効果的に覚えることができます。歌詞に歴史的な事実を組み込んで、メロディにのせてみると良いでしょう。


5. クイズやゲームの導入

歴史人物の名前をクイズ形式で学ばせたり、対話型のゲームを導入することで、興味を引きつけながら楽しく学ぶことが可能です。競争やチームワークを促進し、学習のモチベーションを高めましょう。


6. 実地訪問や模擬体験

博物館や歴史的な場所への訪問や、歴史の時代にちなんだ模擬体験を通して、身近な感覚で歴史を理解させることができます。実際に名前が呼ばれている状況を体験することで、覚えやすさが向上します。



こうした工夫を取り入れること、好みや志向に応じてチャレンジすることで身につけるチャンスも大きくなります。また、いろんな方法、工夫をすることで、他の教科や未来ずっと学ぶ際にも応用が効く学び方を手に入れることができます。




加古川優考塾では、上記のように楽しみながら学んだり、来塾しているとき以外でも役立つ学習方法を提案、伝授しています。ぜひともに学びましょう!








閲覧数:8回0件のコメント
記事: Blog2_Post
bottom of page